FC2ブログ

道楽者の人生観

人間の栄化、天上の娯楽

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者から初級者になるには・・・

2011/02/08 01:00 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(2) Edit

こんにちは。
前の記事から6日も経ちます。
その間ぼちぼちとEXTREME VSをやっていました。



前回、ガンダムを使用中と書きましたが、
もう既に使用機体をフルアーマーZZガンダムに浮気をしました。

理由としてはガンダムには特筆するような武装がないため
プレイスタイルを変えたいと思ったからです。早い話がガンダムに飽きた。
まぁ、だからこその万能機なんでしょうけれど。
何故コイツなのか?それはZZに対するある種のキャラ愛的なもので決めました。



高火力重武装・・・。
その響きだけで男なら何か体の奥底から震えるものがあります。
ジュドーも好きだし、俺の中では珍しくパイロット、機体共に気に入ってるMSです。


・・・とはいえ、ガンダムを飽きたといえども基礎はまだ完全ではありません。
そしてZZはとても扱いが難しい機体。まだまだ課題は山積みです。



課題①:基本の立ち回り
何でもないようなBR(ビームライフル)に当たってしまう。
相手の着地時(硬直時)が見えてもなかなかダメージを与えられない。
シールドを活用すれば被弾しないのに咄嗟にシールドが使えない。
格闘になると必ず競り負ける。

全ては努力不足によるものだと思います。
堅実に動くためにはまず、確かな操作慣れと落ち着けるほどの経験が不可欠。
特に自分はシールドを使用することをつい忘れがちです。
これらはきっと練習を積めば時間が解決してくれると思います。


課題②:ZZの動き方
ZZの扱いは難しい。
それはZZがフルアーマーZZガンダム形態と強化型ZZガンダム形態で
立ち回りがまるで変わることが原因です。

フルアーマーZZガンダム状態時に格闘CS(チャージショット)を使うと、
ハイパー・メガ・カノンを放った後アーマーをパージし強化型ZZガンダムになります。
この状態になると、鈍重な後衛機から格闘もこなせる万能機へと変化します。
(上の動画の1:18~)

2つの形態を扱うためにはまず第一に課題①である基礎が必要。
その上さらに難しいのがパージをするタイミングです。

強化型ZZになってもそこそこは戦えるとはいえ、フルアーマー時と比べれば
火力が劣ることは否めません。
しかし、相手機との相性、状況を見誤るとフルアーマー時の機動力の無さを突かれ
一方的に攻められて一気にゲームエンドとなってしまいます。

総じて、初心者が使うような機体ではありません。
でも使うんだよッッッ


課題①+②=ゲームを引っ張れるようにする
いくら高火力後衛機とはいえコスト2500である以上、
ある程度戦況を動かすような働きをしなければいけません。

しかしこの機体はハッキリとした苦手機体が存在します。
融通を利かせるならZガンダムなどのほうが相手を選ばず戦えます。
既にその点で心が折れそうになっていたり・・・。

それを補うにはやはり基礎の積み重ね+状況判断を正しくできること(パージのタイミング)
それができれば苦手機体相手にもある程度は対応できますし、
あえてこの難しい機体を選んだのは良い練習になると思ったからです。


なにより相方との連携が大切なゲームですが、
相方だけに依存するのではなく、相方にも依存されるようなZZになりたいな!

おわり!
※続きはコメント返信
スポンサーサイト

アドホック・パーティー

2010/12/02 19:51 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

ここにきてハッキリしたPS3の偉大なるパワー。
モンハン3rdが熱すぎる。
モンハン3rd

自宅で寝る直前まで友達とモンハン!
Skypeも含めれば、その臨場感はさも近くで一緒にやっているかのよう!
現実で集まってやるのも良さはあるけどね。
それにしたって、このインパクトは予想外というほかなかった!

現在テスト期間中。
モンハン発売の次の日から試験という苦痛。
かん、けー、ないから!かんけーないから!

あ、需要無いレビューはまた今度!

一皮剥ける時

2010/08/22 22:50 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

俺の短い夏休みも今日で終わりです。
今回はとりあえず生存報告だけを。
更新停滞していたことも今度改めて記事を書きます(多分)

とりあえず夏に聴くと死にたくなるような曲を。



去年も貼ったような気もしますが、年を重ねる度に切なく感じます。
就職活動もまた頑張らなければ・・・。

自己PRを考える→自分に良いところが存在しないことに気がつく

まさに外道
 

誠実であること

2010/03/25 22:24 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(4) Edit

本日、終了式を迎え今年度の幕が下ろされました。
評定平均は3,7という結果になりましたが、
無事3年生へと進級することができたようで、今はホッとしております。

学年末考査を終えてからご報告が遅れましたが、
3月の11~13日にかけて沖縄へ行って参りました。
暖かくそれでいて湿気がなく、潮の香りがする。
よく芸能人が沖縄に別荘を持つなど話を耳にしますが、成程確かに良い所だ。
2泊3日では物足りないぐらいの充実した旅行でした。

それが今年度の最後の催しといっていいものでした。
いやっ実に、実に充実した良い一年間だった。
高校生として一番楽しい時期は恐らくこの一年だろう。


そして今日に到ります。
来年度の決意新たに進路へ向けて気合を入れたところでした。
突然の担任と恩師の離任という悲報

動揺して何も考えられなかった。
考えるよりも先に自分は行動をとっていた。


信頼・・・信じてたよること。

そんな字の如く、私は恩師を尊敬し誰よりも崇拝していた。
口は悪いが、誰よりも生徒達のことを重んじ、
また、何人もの生徒を社会へ送り出してきたこの先生の言葉は
どんな教師よりも説得力があり、心に響いた。
そんな厳しい指導もこの人からの愛ゆえのものだと信じられた。


私は普段、自信というものが持てずどんな行動するにせよ
理屈で物事を考え、人より出遅れて必ず後悔するタチであった。

(この時、離任の報を聞く以前に恩師への提出物が終了式の日まで滞り、
春休みに提出するものだと既に悔いていた。)

そんな胸中において私は報せを受けた時、いても経ってもいられず教室を飛び出した。
目頭が熱くなった。今しなければならないことは頭ではなく心が理解していた。
決まってしまったことはもう覆らないが、徹夜で練り上げた提出物への自分の情熱を
批判すらもらえずにこのまま終わることはすべきではないと思った。


卒業生たちへの対応で恩師は忙しそうであった。
しかし、今日に限っては自分は誰よりも、誰よりも先んじ、
また何時間でも時間が取れることを待つだけの覚悟があった。

そんな気持ちを汲み取ってくれたのか、恩師は厳粛な態度で接してくれた。
振り返ると自分の後ろに行列ができていた。みな同じ気持ちなのか。
何人もの生徒が最後の言葉を頂く中、自分は一番最初に指導を受ける。
いわば代表者のようなものだ。

そうして2枚の短い文面といえど、濃密で凝縮された紙を受け取ってもらった。
無愛想な恩師の重い口が開く・・・

アンタ、ヒゲが濃いから頻繁に剃ったほうがいいよ。






重苦しい内容になってしまいましたが、実際に仰られたことをオチにしました。
これから正直不安です。「どうしよう」と焦る気持ちが込上げてきます。

けれど、それ以上に今は担任と恩師への感謝の想いが止処なく溢れてきます。
担任のエピソードも入れたかったのですが、
それ以上に恩師の先生が去ってしまうという衝撃が強すぎて、
この記事を書くきっかけとなりました。

最後に綺麗に終わらせるため、

先生方、

今までお世話になりました!




エンディング

 

たまには遊戯事情だけの記事

2010/02/13 08:34 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(4) Edit

珍しく更新する間が短い俺です。
なんか前回の記事でのコメントがやたら遊戯王ばかりだったんで、
今回は遊戯王に関する話だけで記事でも書こうかと。




【次期制限改定(予想)】

初めに書きますが、これは完全に独断と偏見と
ほんのちょっとの期待と不安で書くものなんで信じた奴がバカとだけ言っておきます。
カード名右の可能性は規制をかけられる確立を示したものです。
これも上記の通り俺の勝手な考え。


【制限候補】

《裁きの龍》 可能性"大"
→理由を説明する必要はないと思いますが、その強力な効果と大会での暴挙。
 《GOLD SERIES 2010》に封入されたこと、などにより筆頭の制限候補。

《終末の騎士》 可能性"中"
→今期から次期の改定までにおいて彼はよく活躍しました。
 具体的にデッキ名を出すと【シンクロアンデット】から【遅延ダーク】までね。
 墓地で起動する効果が強い以上、墓地verの《E・HERO エアーマン》のこいつが
 規制されるのは当然のこと。

《馬頭鬼》 可能性"中"
→前期から緩和されたカードはいきなり次期では
 かからないという意見もありましたが、《D-HERO ディアボリックガイ》の
 ことがあるので前例がないわけではありません。
 正直、制限でも十分強いと思う。
 
《ネクロフェイス》 可能性"小"
→【酒ネクロ】といった凶悪なデッキがある以上こいつもさらに制限を受ける
 可能性はあります。といっても、1枚だけになるとデッキ破壊というコンセプト
 そのものが崩壊することも考慮しての"小"にしました。
 《馬頭鬼》、《ネクロフェイス》、《異次元からの埋葬》のいずれかが規制され、
 【酒ネクロ】が消滅するのは決定的とはいえるでしょうが。


【制限~準制候補】

《異次元からの埋葬》 可能性"大"
→例えば対象を《馬頭鬼》、《ゾンビキャリア》、《ネクロ・ガードナー》として墓地に戻す。
 たった1枚のカードでアンデット1枚蘇生、手札1枚でいつでも出るチューナー、攻撃無効1回。
 これはやりすぎだ。攻撃面でも守備面でもやりすぎ。
 《次元融合》が禁止、《異次元からの帰還》が制限でこれが無制限なのはありえない。
 いい加減KONAMIは、墓地=手札、除外=墓地が普通になってることを認識するべき。

《光の援軍》 可能性"大"
→これも汎用性が高い。適当なライトロードを組み込んだ墓地を肥やすことが
 有益なデッキならなんにせよ入れることができる安定の1枚。
 《ライトロード・マジシャン ライラ》を呼べば伏せを必ず1枚除去でき、
 《ライトロード・サモナー ルミナス》を呼べば手札をコストに蘇生でき、
 手札に加えたライトロードを即座に《ソーラー・エクスチェンジ》の
 コストにすれば、ドロー加速&墓地が肥える。
 以上の理由で非の打ち所がないぐらい強い!

《貪欲な壺》 可能性"小"
→現環境で使用率が高いかといえばそうでもないが、
 【魔轟神】を見越しての規制としてかからなくはないかもしれない。
 このカードがあるだけでどれだけ加速するのかは、
 このデッキと対峙したことのある人なら理解できるだろう。
 事実、近畿CSでこのデッキは活躍している。
 《ローンファイア・ブロッサム》を問答無用でかけたKONAMIならやりかねない。


【準制~制限解除】

《終焉の王デミス》 可能性"大"
→【デミスボンバー】として《ダーク・ダイブ・ボンバー》のとばっちりを受けた奴。
 こいつより《裁きの龍》のほうがどれだけタチが悪いか。
 悪いのはボンバーだから帰ってくることだろう。

《神の宣告》 可能性"大"
→確かに強力なカードだけれど、それでもライフを半分にするというコストは半端じゃない。
 同じコストの《異次元からの帰還》と比べても、このカードで得る見返りの方が
 どうしても少なく感じる。悪くても準制限に緩和されると思う。

《ローンファイア・ブロッサム》 可能性"中"
→このカードの規制によって植物族の可能性を摘み取られてしまった。
 それ以来、大会で俺は【スキドレ植物】も【猫姫】も見たことがない。
 というわけで、帰ってきてもいいと思う。




というわけで、自分の中の考えを述べてみました。
まぁ大まかな予想でだいたいこんなところでしょうか。
後はKONAMIのさじ加減による。

本当に個人的な事を書くと、【インフェルニティ】が大暴れする前に
《氷結界の龍 トリシューラ》を制限にでもして欲しいんですが、
まぁ、出た時期から考えて無理だろうなぁ・・・。

友人らと相談して考え抜いた妥当なところですが、
あくまで予想は予想なんで、これを基準としてカードをさばくとかはやめたほうがよいです。
なんだかんだいっても、信頼できる情報ソースを得てからのほうが○



プロフィール

Mr.Fool

Author:Mr.Fool
一年で会社を辞めた浪人生のブログ。
将来は国語教師を目指している。

人生は何時だって思い立ったが吉日。
やりたい事と成すべき事、
未来をイメージしながらそこへ辿りつく。


twitter
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。