FC2ブログ

道楽者の人生観

人間の栄化、天上の娯楽

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己犠牲の相互関係

2012/03/29 00:42 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(0) Edit

おはようございます。
最近は暖かくなり始め、春を感じさせる陽気になってきましたね。
長らく花粉とは無縁だった自分も、いつからかこの時期になると鼻水が止まりません。

春は花見の季節。新たなスタートの季節。
どうでもいいけど、年度の始まりでもある4月1日が嘘ついてもよい日って文化おかしくないッスか?
なんかこれから始まる一年の出鼻を挫かれる感じがしてどーも嫌だわ。

ホントどうでもいいッスね(笑)
さぁて、今回の主観だらけのテーマは・・・・

"友達ってどんな存在なの?"




約一ヶ月ほど前、高校の頃組んでたバンドのメンバーたちと集まりがありました。
このメンバーたちとは卒業してからも付き合いがあり、時々集まって近況を話し合ったりしています。
といっても、だいたい集まるのはドラム(俺)とベースとキーボードの3人だけなんですけれども。

バンドといえば聞こえは良いですが、
実際は大して真面目に練習しない馴れ合いのような関係でした。

毎回ライブの度に演奏とは呼べないような酷い何かをしでかし、
反省会でラーメン屋に行く・・・なんてことがただただ楽しかった。

元々このバンドは全員、1年生のときのクラスメイト5人で組んだバンドなんです。
ですから、少なからず俺はこのメンバーたちとは友情を感じていました。



んで先日集まった時の話。
なんで集まったかというと、なんとベースが結婚するとのこと。
しかも、子供が4月には生まれると言うのだ。

自分は前からそれは知っていたんですが、
今回集まったのはそれを改めて報告&お祝い会ということ。

まぁ倫理的なことで書きたいことは山ほどありますけど、
今回はテーマが違う上に結局は本人たちの問題で、俺は言ってやれることは言ってやりました。
後は最近よく流れるような、育児放棄などの事件が起きないことを祈るのみです。


・・・んで、問題なのは
結局集まったのがいつもの3人だったということです!

これが今回の記事を書くに至った動機です。・・・そう、ぶっちゃけただの個人的な怒りです!
来なかったギターとボーカルは、素直に冷たい奴らだなと感じましたね(笑)

これで思ったわけですよ、彼らにとって自分たちはどういう存在だったのだろうか?ってね。



高校卒業と共に解散してしまったバンドのメンバーの結婚報告会・・・。
そんなものはメールで済ませばいい。
彼らにとって我々はその程度の価値でしかなかったのでしょうか。

これは主観ですが、今回は模擬とはいえ友達の結婚披露宴だったわけです。
そういう重要なことを軽んじるということは、そもそも友達じゃなく、
所詮はバンドのメンバーでしかなかったってことなんでしょうね。


・・・いや待てよ。そもそも友達の定義とは何なのか?


友情(wikipediaより引用)
友情(ゆうじょう)は、共感や信頼の情を抱き合って互いを肯定し合う人間関係、
もしくはそういった感情のこと。友達同士の間に生まれる情愛のこと


日常会話の中では、友情的な関係はその絆の強さによって、微妙に区別されたさまざまな表現がなされている。
最も繋がりの弱いものとしては「知り合い」、最も繋がりの強いものとしては「生涯の親友」がある。
後者は、長期間離れ離れになることがあろうとも繋がりが切れず、
双方が無条件で信頼し合うような関係についてを指す。



つまりは定義なんて無いということですね。
そもそも人間関係なんて抽象的なものは個人の捕らえ方次第ですものね。

でもそんなこと言ったらこの記事の存在自体、非常に不毛なものと化してしまうので、
ここに自分の中で友達というものをいくつか定義付けしたいと思う。



①社会的地位を保つための存在
要するにガキ大将についていけば敵対することはない。そういうことです。
世渡りをする上で人が身につけなければいけない能力。言わずもがなぼっちにならないため。
高校生ぐらいからはこういう感覚で付き合う人間関係が増えてくるんじゃないでしょうか?
友達とは名ばかりの安っぽい紙切れような関係。


②自分の趣味を共有するだけの存在
このあたりからがようやく友達と呼ぶにはらしくなってくるのかな?
ゲームをするならゲームをする。スポーツをするならスポーツをする。
実際、私もこういう付き合いだけの友達は結構います。
決して互いのプライベートなことには関わらない、最も楽な付き合い方。


③自己の相談ができる存在
自分自身のことについて話せる人、ということですな。
無論疑わしき者には話せない・・・すなわちその人が信頼の置ける人物でなければならない。
自分の中では一緒に飯でも食いに行けばだいたいこういう関係になってる気がする。(あくまで個人談)


④自己を犠牲にしてでも何かをしてやりたい存在
自己犠牲というと重いですが、その人に対して見返りを求めずにできることなら何でもいいです。
無償の愛で自分の時間を削る、お金を使う、労働をする。
"見返り"というものがやっかいで、実際は皆自分が一番かわいいので滅多にない関係だと思われます。



まぁ一般的にはこんなところじゃないんでしょうか。

これらの定義が正しいと仮定するならば、
高校のバンドのメンバーというのは、すなわち①に該当します。
まして自分たちのバンドは音楽というものに本気で取り組んでいませんでしたから。

最終的に何が言いたいかっつーと・・・

友達は大切しろ!
でないと最終的には信頼を失って見限られるぞ!


ってことです!
誘いがあるうちが華ですし、
しばらく会わないからって友達じゃなくなるわけでもないものだと俺は信じたいです。




☆あとがき☆

タイトルは理想の友達付き合いです。
残念ながら一方的に友情を感じていても、向こうが友達だと思っていなければそれでお終いですから。

小学生ぐらいまでは友達がいじめられていたら助ける、
すなわち自己犠牲を躊躇なく行えるのですが、
どうやら大人に近づくにつれ人間関係をメリット・デメリットでしか考えなくなるようです。
俺にしたって例外ではなく、一度社会に出てからそれは顕著に現れました。

今回の件は非常に怒りと哀しみに満ちています。
そんな中、友達っていうのはどういう存在なのか?
それを明らかにしたくて、考えをまとめるべく今回の記事を書きました。

自分が普段友達と呼んでいるのは自分にとって都合の良いだけの存在なのか?
この記事を読んでいただけた方は、そういった自問自答を一度してみてはいかがだろうか。

お互いがお互いを助け合える、持ちつ持たれつの存在。
俺にとっての友達、また俺のことを友達と呼んでくれる人たち。
俺はその人たちにとってそういう友達でありたい。
 


















スポンサーサイト

理想と真実

2012/03/11 04:49 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(0) Edit

突然ですが、皆さんは""をお持ちでしょうか?
どんなにそれが小さくても、人に誇りを持って言える目標があるのは素晴らしいことです。
私には実現させたい理想が二つ程あります。

一つは、結婚して家庭を築くこと
二つ目は、国のために何かをすることです。

しかし、この二つの夢は矛盾を抱えていると最近思い始めました。



私はこの国が好きです。
日本の四季も、歴史も、漫画も、全てひっくるめて大好きです。
とりわけ、食べ物については世界一美味しいと思っています。
(海外へ行ったことがないため、決め付けるには世界が狭いが)

そして今私は、国語の教師になることを目指して浪人中であります。

こんな素晴らしい国に生まれたことにどう貢献すれば良いのか?
自分なりに考えに考え抜いた結果、

子供達が自分のやりたいことを見つけ、それを実現できること

これが今、この国には足りていないと感じました。
何故なら、私自身がやりたいことを見つけたのが高校を卒業して会社を辞めた今だからです(笑)



けれども、最近思うことがあります。
自分は教師になりたいのか?教祖になりたいのか?・・・ということです。

勉強を教えるだけが教師ならば、私が思い描く社会は創れません。
思想を伝えるのであれば、宗教のほうが圧倒的に効率が良いのですから。

本当に理想だけ言うのならば、
教師が勉強の楽しさを教えてあげて、何かのきっかけから生徒に夢が生まれるのがベストなのですが・・・。
実際の現場では学習指導要領などがあり、先生も思ったとおりの授業ができないのが現状です。


宗教って日本では悪い印象ばかりですが、一種の手段だとも思います。
良い教えだけ自分にとってプラスに受け入れられれば問題ないのですから。

思想っていうのは誰もがばらばらであるべきだし、まして強要されるものでもないです。
けれど今の現代人、少なくても私と同年代以下の人は、
一国民として「国がどうあるべきか?」という考え方すら持っているのか?と疑問に思います。

国について何も考えないのであれば、それは国民ではなくただの人民です。

このままじゃあ俺は、この国に生まれた価値がない。



中学、高校時代は正直何も考えていませんでした。
やりたいことと言っても、正社員になるっていう自覚がないのでそもそも理解できないのです。

そうしたまま皆が意志もなく、やりたいことも決めずに大学へ進学したり
業界をイメージできていない段階で、嘘で塗り固めた就職活動の志望理由を考えているのです。

だから企業は若者を採らない。
若者もやりたい業界でないのなら、落ちて悔しいとも思わないでしょう。
全てが悪循環。


それじゃ駄目なんです。
根本から変えていかなきゃいけないんです。

終いには貧困者が増え、国に労働力がなくなり、
税収よりも支出がありすぎて国家が滅びるでしょう。

だから私は、"夢"を実現できる社会を創りたい。
そのためには、一人一人に何が何でもやり通す意志が必要なのです。

一生小さい人間でいるか、世界を広げるかは自分次第。




結論:要するに夢を持て!


長文、失礼しました。
今回のタイトルは一昨日買ったポケモンBWからとりました。

んでまぁ、冒頭の矛盾というのは・・・。
私が本気で国を変えようと思うならば、家庭が落ち着くことはなく、
平穏な世界とは丸っきり逆方向の世界へ向かうことでしょう。

それでも付いてきてくれる女性ってのはいるのかどうか。
というか、そもそも結婚できんのか?って話なんですけどね(笑)


当面は、国語の教師を目指していきます。
それでもなお現在の考え方が変わらなかったら、
40代~50代ぐらいに行動を起こそうかと思っています。

右翼的な考え方だと叩かれても結構。
ただ公務員だから教員になる人もいて結構。
全ては考え方の違いですから。

国の将来っていうのは、つまるところ自分の将来。
それを考えていない人があまりにも多いので腹が立って書き殴りました。

思想と行動は常にフィフティフィフティじゃないと意味がない。
とりあえず俺が今すべきなのは受験に合格すること。

たまにポケモンでもやりながら、メリハリつけてやってきます。


健全な精神は健全な肉体に

2012/02/25 23:53 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(0) Edit

定期的に観たくなる動画。
http://youtu.be/tOz_Ar4ikMk

実は2ヶ月ほど前から、一週間に2回ほど筋力トレーニング目的でジムへ通っています。
・・・といっても、大それたところではなく区の小さな体育館ですが。
始めるきっかけは地元の元ラグビー部の友人に誘われたことでした。

・大してスポーツ経験もないけど、筋肉をつけたい(格闘漫画の読みすぎ)
・形から入ろうとして、買ってから結局使っていない自宅にあるチャンピオンのプロテイン。
・浪人生活中、勉強だけでは気が滅入るので何か習慣的な趣味を持ちたい。


これらの条件が揃う中、「筋トレを始めないか?」という言葉はまさしく渡りに船でした。
メニューはだいたい以下の通り。

月曜日(背筋、上腕三頭筋、僧帽筋、首)
デッドリフト

ラットプルダウン

アンダーグリップ・ラットプルダウン

シーテッド・ロウイング・マシン

ワンハンド・ロウイング

リバース・プッシュアップ

オーバーグリップ・トライセップス・プレスダウン

インクライン・ダンベル・トライセップス・エクステンション

ダンベル・トライセップス・キックバック

ダンベル・シュラッグ

ネック・エクステンション

サイド・ネック・フレクション

ネック・フレクション

木曜日(大胸筋、三角筋、上腕二頭筋、僧帽筋、首)
バーベル・ベンチプレス

インクライン・ダンベル・ベンチプレス

ダンベルフライ

フロントプレス

バックプレス

ダンベル・サイドレイズ

ダンベル・アップライト・ロウ

スタンディング・ダンベル・ハンマーカール

ダンベル・プリーチャー・カール

ダンベル・シュラッグ

ネック・エクステンション

サイド・ネック・フレクション

ネック・フレクション


こんな感じです。調子によってメニューを増やしたり減らしたりする場合もあります。
メニューはだいたい相方が考えてくれます。ありがたや・・・ありがたや・・・。
首を最後に鍛えるあたり、流石元ラグビー部といったところでしょうか。

他にもラグビー独特のトレーニング(スクラムを組んで首を鍛える等)もやったり、
フリーウエイトの補助をしてもらったりと何かと頭が上がらないです。

・・・あ、ちなみにスクワットも本当はやりたいんですけども
経済的な事情でこれ以上やるのは厳しいのでやってません、口惜しや。



この2ヶ月やっていて気がついたことは、
筋トレはやるだけではなく、やった後のアフターケアが大事ってことですね。
まぁやってる人からしたら当たり前だけど。

具体的には夜の睡眠(成長ホルモン分泌)、体重の数値×2gのたんぱく質摂取などです。
後者においては1日にプロテインを3回摂取して、
食事にかなり気をつけていてもなかなか取り切れなかったりします。

つまり!筋肉を本当につけたいのであればまずは意識改善から行う必要があるのです!
外でラーメンを食べる場合ならトッピングに味玉をつけたり、
毎日納豆を食べてみるなどと、常に食事に「たんぱく質」を中心として考えるようにします。

必然、肉体は健康になりますし、
筋トレを趣味にすることによるメリットは計り知れないです。


何よりも、楽しいからやってるんですけどね。
持てなかった物が持てたり、日々成長する自分の肉体を鏡で観て楽しんだり、
なんで今までやってなかったんだって今更ながら悔やみます。
(実際は筋トレのやり方を間違えていて、諦めていただけですが)

体が強くなっていくと気持ちも強くなっていきます。
もちろん、謙虚な気持ちを忘れちゃいけませんが。
まだまだ伸び盛りなんで、勉強と平行して頑張っていこうと思います。

強くあろうとする姿は、かくも美しい
(グラップラー刃牙より引用)

筋肉女子

Let's play weight training with me!



信念を胸に

2011/03/04 23:23 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(0) Edit

おはこんち。
前回、記事の構想ができてるとか書きましたが、
結局その記事を書こうか書くまいか悩んだ挙句3月になってしまいました。

ということで今月の目標更新!
今月の目標はコレ!



行動で示す!

人の心を突き動かすものは何か?
それは言葉ではなく、人の行動である。
・・・とジョジョを読んで改めて思った。

第五部あたりはそれが顕著に出ていた。
というか、それがジョジョのテーマなんだけどね。

何が言いたいかっつーと、有言実行すれば世間の目も変わるってこと。

ぐだぐだ言う前に、とりあえずやってみるという気持ちが俺には欠けている。
受け身、保守的、怠慢。そこらへんが妥当な形容詞だろうか。


人が何かを頑張っている」と聞いて、二つ思うことがある。
自分もそろそろ何かをしなくちゃいけない・・・と焦る反面、
他人事だと面倒くさがってしまう気持ち。

それらが交錯した結果、後者が勝ってしまう。



もうね。
こんなじれったい気分は胸糞悪い。
いい加減こんなみみっちい考え方は捨てる。

そのために、これからはもっと感情を出して生きる!

無論、社会人になる以上、感情を押し殺さなきゃいけない場面も多々あるでしょう。
しかし、その怒りや屈辱やらをバネに行動を起こせるような精神力が必要なのだ。
早い話が、「反骨心を養え」ってこと。


こんな俺にも夢がある。
「結婚をする」、「自分の子を持つ」、「自分の家を買う」、「世界旅行へ行く」。
数々あれどそれらを実現するためにも毎日を精一杯生きなくては、と思う。
自分自身の成長のためにもね。

ということで、まずは免許を取らなくては!
俺ならできる!
否、他人にできて俺にできないはずがない!
 


P.S.
こんな記事書いた後、ブルーハーツの『夢』聴いたら良い曲すぎて暴れたくなった。


 

乾いた大地に水分を

2011/02/02 00:12 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(2) Edit

おはこんばんちは。お久しぶりです。
年が明けたということで、テンプレート変えました。

極個人的なことで目に当たるところに目標がないと駄目になりそうなので、
テンプレの性質上、それにしました。
適当に月ごとに変えようかと。とりあえず2月の目標はコレ。



『熱中できるものを見つける!』

自分の性格上、熱中してから飽きるまでのスピードももの凄く早いが、
その分短期的なやりこみと研究は人より優れていると自負している。

モンハンが良い例だと思う。
発売同月に全てのモンスターと一通りのクエストを全て消化してしまった。
まだやれば面白さこそ感じるものの、俺の実力がこれ以上伸びることはもうないと思う。

そうハッキリと言い切れるのは、やはりモチベーションの低下が起因しているのだろう。
壁を感じるからこそ努力をする。あいつに勝てないから意地にもなる。
全てのモンスターを制覇し、目標を自分で持たなくてはいけなくなった今。俺は挫折した。

それからというもの退屈で退屈で乾いていた。
もうこの際、すぐ飽きたって何だっていい。新しいことを何かしたい。



そんなマンネリ化した日常にうんざりしていたら
ある時、友人に誘われゲームセンターに行く機会があった。

ゲーセンといえば鉄拳だ。
結局、階級でいえば師範代にすらなれずに終わってしまったが、
思い出すにあの時の必死さは自分の中でも、指折りの出来事だったと思う。

昔の画像を探っていたらこんなものまで出てきた。
なんというVIP

家庭用の鉄拳6がまだ出ていない頃。
当時、あまりにもこのゲームに夢中になり、わざわざ電車賃までかけて
時間貸しの台があるゲーセンまで遠征したときの写真だ。

この画像を作成したのは‎2008‎年‎11‎月‎6‎日。
なんと高校1年生の時である。

・・・・・
思えば何故あそこまで出来たのか?
今より若かったからか?・・・それもあると思う。
しかしそれ以上に対戦ゲームである点が大きいのだと振り返ってみて思う。
前述した壁の存在に事欠かないからである。

その実「では格闘ゲームをやろう!」というのはハードルが高かったりする。
1対1の世界である格ゲーはある程度のセオリーの理解、キャラ対策、コンボができないと
勝つことは実質不可能なのだ。

ここでようやく本題に入る。



では何故ゲーセンへ行ったのか?
それは機動戦士ガンダム EXTREME VSをやらないかと、
問われたからである。

これまでガンダムVSシリーズは敬遠していたところがある。
スピード感溢れるイメージ(偏見)があったので、
どこか「自分には無理だ」と決めつけていた部分があったからだ。

しかし、今は喉から手が出るほど没頭できる何かが欲しい。
そんな時、俺にお呼びがかかったのだ。

今までのガンダムVSシリーズとは画質が明らかに違う
第一印象はそう思った。



高音質の懐かしいBGMの数々。かつてガンダムが大好きだった中学生の頃を思い出した。

いつの間にか俺は引き込まれていた。
対戦ゲーム。なにより2対2の協力プレイというのが決め手だった。
今、自分が求めているもの。その全てが詰まっているゲームだと確信した。

しばらくはこのゲームをやってみようと思う。
これ以上記事を長くするのもどうかと思うので、魅力の説明は今回は割愛する。

特に言えることは格闘ゲームと違ってセオリーだけ身につければ
どの機体でもだいたい戦えるということ(一部の機体は対策が必要だが)と、
2対2で「自分が足を引っ張ってはいけない」と意地になれるところが良いところだと思う。

意外だったのが、イメージとは裏腹に初プレイでも
一方的にボコボコにされることはなかった。ほとんど活躍もできなかったが・・・。

始めてまだ2日ぐらいしか経っていないが、既に5000円近くプレイした。
なかなかどーして冷静な操作ができていないが、こりゃあいい暇つぶしができた。
現在ガンダムを使用中。今はもう四六時中このことばっか考えてます。

積みゲーとなったモンハン

してェ・・・
試合してェ~~~~~~~~・・・

プロフィール

Mr.Fool

Author:Mr.Fool
一年で会社を辞めた浪人生のブログ。
将来は国語教師を目指している。

人生は何時だって思い立ったが吉日。
やりたい事と成すべき事、
未来をイメージしながらそこへ辿りつく。


twitter
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。